20代の時のスキンケア

20代の頃はまだ化粧品についての知識や経験が浅く、何を選んだらいいのかわかりませんでした。TVCMや雑誌の広告で何となくいいのかなと思うものを買ってみたり、デパートの化粧品カウンターでカウンセリングを受けて買ったりしていました。

洗顔、化粧水、乳液、クリームとラインで買ってスキンケアを頑張っていましたが、セールスにのせられて買っていた部分も多少あって、出費が少し痛かったです。

肌の状態は現在の30代よりも、ニキビや吹き出物、テカリがありました。水分がやや不足していると診断されて状態にあわせた化粧水を買ったりしていました。

洗顔はもうどろあわわ一択でしたね。安く手に入るし、モコモコ感が本当に好きです。泡洗顔では一番売れているんじゃないでしょうか?

30代の現在のスキンケア

現在は化粧品の選び方が自分の中で固まってきています。ネット通販で買うことが多くなりました。外資系でフランスやイギリス、オーストラリアのオーガニックブランドのスキンケア商品を選ぶことが多いです。

オーガニックブランドは、体に良いオイルを使用していて乾燥を防ぐことができます。ハーブ系の癒される香りの精油が配合されていて、お手入れがいい気分でできるのも嬉しいところです。

今ではスキンケアのポイントとして保湿を重視するということで、シンプルに商品選びをしています。肌の状態に合わせて、乳液は使わなくてもいいとお手入れから省いたりしています。

今はたくさんの高品質のスキンケア商品が出ていて、使用感やパッケージにもこだわりがあり美容が楽しくできる時代になりました。個人的にこれからシミのケアがリーズナブルにできる商品に期待しています。

友人と話してた時、バストアップの話しになりました。その友人は私に比べるとだいぶ大きくとても羨ましかったの覚えてます。

演劇部に所属していた時に役作りで胸を大きくしたかったので胸がほしいっ!と友人に訴えました。

その後、友人とバストアップについて調べて、バストアップにいいと言うありとあらゆる方法を試しました(マッサージやナイトブラ、豆乳を飲むなど)。

リゾレーヌというバストアップに効く成分が入ったゼリーも飲んでみましたが、全然成果が出ず本番を迎えることになり、結局ブラジャーで盛って舞台に立ちました。胸がデカかったというのもあり、一部にはとても好評を頂ける役でした。

劇は良かったものの、私は役作りだけでなく1人の女の子として胸が欲しかったんです。その時はまだ高校生だったのでお金もなくお金をなるべく使わないようにとバストアップ方法を続けました。

いくら頑張っても胸は大きくならず…その時の彼氏は胸が小さくても大丈夫だよと言っていたのにそれが原因で大学生になって別れることになりました。今思い出すだけで正直なんでこんなことで…となります。

今付き合っている彼氏も大丈夫と言ってくれますが本音を聞くともう少し欲しいかなって言われて、もうメンタルボロボロ…

何かいい方法ないのか今でも探し求めてます。いいものにはやく出会いたいです。